コンサルタントには何種類あるのかな?

飲食店20年…現場で指揮を執って20年は長いようで短い…

あっと言う間の20年のような気もするし、ながーく楽しみ苦しみ達成を喜び失敗に反省しまくった20年でもありました。


成功した事も勿論覚えていますが、

強く記憶に残るのはやはり失敗=学びですね。

あの時あーすれば良かったこーすれば良かった…

もし今の自分が過去に戻ったらな…

なんてタラれば思考で過去を反芻するんですよね。




でも確実に…大成功した!
そう自信満々に言えるのは、数点あるのですが…



●他社からの明らかな嫌がらせがあった事♪

あ!これは私個人的にはすんごーく自信になるんですよね。

なので嫌がらせや営業妨害がある度に燃えるんです♪

他社の意図する反応と真逆の反応が私にありましたから、もっとこぞってお客様を奪いましたよ。そしたら近隣の競合店が廃業していきました。

お客様の占有率トップになったと感じたのは大成功です♪





●指名でお一人様10万円のコース料理のご依頼があった。

結果的にはぼったくりにしかならないので、お断り申し上げましたが、

お客様との信頼関係がすでに構築してあったので、非常に嬉しい言葉を頂戴したんですよね。

『あなたに10万円支払う価値があるんだよ~』と。

これも会社的には暴利でしかなく断ったものの、お客様からそのようなお心遣いを頂けたのは、

日ごろからの信頼関係構築が出来ていたから、と確信しました。




●CMを自作しておりまして、大評判になりました!

放送局から「番組持ちませんか?」とまで言われるくらいに。

お客様からは、「あのCM癖になりすぎるからもうヤメテくれ!」と話題の種になるくらい♪

そう言われたらもっと放送するしかないですよね♪

結果、お客様と店員さんとの間でCMが話題となって接客の質が上がり、店員さんとの交流もまるでメニューのひとつ?と言えるくらいでした。





さて…


こういったのは私にとって実績です。

経験から培う勘ってご存知ですか?
人の潜在意識には、経験予測できる機能があり、

学んだだけの人には装備されないスキルです。




ドラクエで言えば、

メラゾーマの呪文は持ってるけど、

最大マジックポイントそのものが不足している

そんな感じです。

逆に分かりにくいすかね??www




経験値というのはとてつもなく大切になります。
実績と経験からくる「なんとなく」の判断力は、
AIにはない能力なんですよね♪

その場の空気、温度、湿度、距離、日差し、移動距離、人間関係、会話、何の後か?、何を始める前なのか?、

等々…その日によって違う何かを感じ取り、その目的対象に活かすんです。




コンサルティング



ここ最近…増えてきた感じがしませんか?

コンサルタントにはどんなイメージをお持ちですか?




以前、交流のある社長さんが言ってました。

「あのコンサルめ、俺が金払って育ててやったみたいなもんだ!」


何があったんですか?と問うてみると…

「実力が低いなら修行して来い、っての!俺が仕事云々教えたようなもんだよ!」

と経費の無駄遣いと思わせてしまったコンサルタントがいたようで、怒り心頭でした。



いわゆるこれは…

経験も実績もない

自称コンサルタント

ですね。




他にもこんな事例があります。



大手コンサルティング会社に在籍した事がある!
たったそれだけで、「元〇〇社の…」と謳っているコンサルタント。



あるいは本当に大手コンサル会社に在籍しているんだけども、

実力が低い若手社員が武者修行という事で、地方の案件を担当させられる。

東京から派遣されたというだけで、地方の会社の社長は「すごい人がきたかも!」という先入観が働き、結果…その若手のやりたい放題…会社の危機が強くなる…など。




なので…



コンサルティングを依頼する時は、

その者の職歴・経験・実績・性格の相性・ビジネスの相性等々を見極める必要がありますね。



だって、

コンサルタントって
高みの見物しながら、
現場のプレイに関してはこれまでと同じ社員が担当するわけでしょ?
そして、大口叩いて社内の空気をダメにしたり、なんて事だってあるわけですからね。



なので、

若手コンサルタントに対する報酬というのは、

成果報酬にする事が基本的な会社の対応ですよ。


その成果を数値化出来るのであれば問題ないですね♪




ま、世の中のコンサルティングスキルというのは、
そのコンサルタントがそれまでどんな経験でプロスキルを培ってきたかによって左右されます。

そして、社長と同じ傾向の性格のコンサルなら不要です。

違う性格のコンサルだからこそ違う風を社内に吹かせる事が出来て、

新しい社風が生まれる事に繋がります。




コンサルタントを選ぶ時は…
●実績・実力がある事。
●経験・プロスキルを持っている事。どの分野のプロなのか?
●社長と違う性格である事。
●ビジネス感覚の相性が一致、あるいは近い感覚の持ち主である事。
これらを考えて選ぶ事が重要です♪



私がお手伝い出来るんだとすれば、

性格の見抜き方
ビジネス感覚の相性

が社長さんにとってメリットがあるかどうか見抜く事くらいでしょうか?




コンサルタントを選ぶ時は、

社長がその担当者を面接しましょう。

私はその場で、社長さんと担当者さんとの相性をレポートします♪



あ、そうそう。

一応私も、

公的派遣コンサルタントとしてお国に登録されている立場です。

実力は…そこそこでーっす♪



んま、ご相談・ご依頼に関しては…

Webの問合せからお願いします。

心理学資格取得!トラウマ解決の事なら『ビジョンクリエイト』

特許庁登録商標「ソルフェジオヒプノ」を中心とした心理学資格認定・発行の他、トラウマ・鬱の解決専門の心理療法サービス、及び生活サービス関連の経済支援、3本柱の事業をしております。